メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美容

SNSで若い男性の意識高まる 化粧品を母子で共有

「就活身だしなみセミナー」でシートマスクを顔に張る学生たち=東京都豊島区の大正大で

 若い男性の美容意識が高まっている。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で他人の目を意識しやすくなったほか、母と息子の関係が従来より密接になり、化粧品でつながるようになったと指摘する専門家もいる。

 就職活動を控えた大学生の男子約40人が緊張した面持ちで脂とりのシートマスクを顔に張る。どれだけ肌つやが良くなったか鏡で確認する。

 東京都豊島区の大正大で開かれた「就活身だしなみセミナー」。講師を務める化粧品メーカー・マンダムの担当者は「面接官は外見で人となりまで感じるため、身だしなみが重要」と力説する。「髪形は短髪が王道。表情から伝わる部分が大きいため、前髪が長すぎるのはよくない」「毎日スキンケアをして肌の印象をよくすれば、エントリーシートの写真で印象が違う」。シートマスクを張ったり、体臭のサンプルをかいだりしながら、学生…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです