米、シリア攻撃

「戦争になるのか」市民は怒りや戸惑いも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】米軍がシリア西部シャイラット空軍基地を攻撃した現地時間の7日未明から8日にかけ、アサド政権下で暮らす首都ダマスカスの市民からは「米国の嫌がらせだ」「戦争になるのだろうか」などと怒りや戸惑いの声が上がった。一方で反体制派は「米軍はさらに攻撃を」と一層の軍事介入を求めている。

 ダマスカスの政府職員、ウダイ・アッバスさん(28)は現地の毎日新聞通信員に対し、シリア軍が最近、国際テロ組織アルカイダから分離した「シリア征服戦線(旧ヌスラ戦線)」などの反体制派に攻勢を強めている点を挙げ、「米国はシリアの現政権が…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

あわせて読みたい

ニュース特集