メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

咲き誇る「勇気」の花 「スカーレット・ピンパーネル」で大劇場お披露目 星組トップ・紅ゆずる

「スカーレット・ピンパーネル」の一場面。(左から)ショーブラン(礼真琴)、パーシー(紅ゆずる)、マルグリット(綺咲愛里)の思いが複雑に絡み合う=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で、幾島健太郎撮影

 星組一筋15年の男役、紅(くれない)ゆずると、同じく星組育ちの娘役、綺咲愛里(きさきあいり)の新トップコンビが、人気作「スカーレット・ピンパーネル」で宝塚大劇場でのお披露目公演に臨んでいる。2008年、この作品の初演で紅は新人公演(新公)の初主演を射止め、10年の再演で綺咲は初舞台を踏んだ。2人の思い出の作品はファンにとっても待ちわびた再演で、劇場は熱気であふれている。

 紅が演じるのは英国貴族のパーシー。フランス革命政府による恐怖政治の下、無実の罪で断頭台に送られる貴…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1224文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです