メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無電柱化

大阪百年の計 万博ライバル・パリに追いつけ

無電柱化した後の土佐堀通=大阪市都島区で、大阪市提供

 大阪市は、電線を地中に埋めて電柱を撤去する「無電柱化」を加速させる。無電柱化率は政令市でトップとはいえ5%台で、幹線道路に限っても3分の1にとどまる。2025年国際博覧会(万博)の誘致を争うフランスのパリは整備率100%で、都市景観の向上は観光都市としてアピールするための重要なポイント。今年度中に無電柱化の推進計画を策定し、コストを下げる先進的な工法の採用も検討する。

 「万博で最大のライバルのパリに引けを取らない街にする気概を持って、無電柱化を進めるべきだ」。3月の…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1143文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです