連載

藤原帰一の映画愛

毎日新聞デジタルの「藤原帰一の映画愛」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

藤原帰一の映画愛

LION/ライオン 25年目のただいま

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

多民族が共存する国でアイデンティティー探る

 家族と生き別れた子どもが、大きくなってから、家族を捜し求めるというお話。お馴染(なじ)みのストーリーですが、舞台がオーストラリアとインドなので大がかりです。

 サルーは、インドの片田舎で暮らす、5歳の男の子。お父さんはいなくて、お母さんは仕事のために家を空けることが多い。サルーはお兄ちゃんや妹とお留守番ですが、上のお兄ちゃんが働きに出るので一緒に行きたくて仕方ない。ぼく力あるよ、こんなに重いものも持ち上げられるんだなどと言い張るので、根負けしたお兄ちゃんは仕事場に連れて行くことに同意します。

 でも、列車で駅についたら、サルーは眠くてしょうがない。いくら起こそうとしても言うことを聞かないので、ここから動くんじゃないよと言いつけられたまま、お兄ちゃんは仕事に出かけます。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1584文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集