メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

春の国会論戦にモノ申す 目につく野党攻撃、ずれた答弁 「安倍語」の5年目

 「艱難汝(かんなんなんじ)を玉にす」という。苦労を重ねれば、人間も磨かれる、という意味だが、再登板から5年目の春を迎える安倍晋三首相はどうだろう。今国会をのぞくと、以前にも増して、野党攻撃や粗い答弁が目につくのだ。「共謀罪」などの審議も本格化する、後半の国会論戦。これでいいのだろうか。【吉井理記】

 永田町にも春は来る。国会議事堂前の憲政記念館の桜、今が盛りである。その春色を遠く望む衆院第1議員会館。政権にモノ申す自民党のベテラン議員で、元行革担当相の村上誠一郎さんが、深いため息をついていた。

 「あきれているんだ、今国会の論戦に。安倍首相の答弁が軽い。本質からずれている。森友学園の問題、軽々…

この記事は有料記事です。

残り2202文字(全文2501文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]