メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画と歩んで

監督・降旗康男/中 高倉健とともに新境地

映画「追憶」(東宝系)の公開(5月6日)を前に映画人生の歩みを語った降旗康男監督=中村藍撮影

 1960年代、任〓(にんきょう)路線で邦画界を席巻した東映。65年の邦画の配給収入順位を見ると、「網走番外地 北海篇」、「関東果し状」「日本〓客伝 関東篇」など東映の作品が2~6位を独占している。

 降旗も67年に安藤昇を主演に据えた「ギャングの帝王」で本格的なやくざ映画を撮り、69~72年にかけては、高倉健主演の「新網走番外地」シリーズを何本か手掛け、そのほとんどが邦画の配収トップ10を記録するヒットとなった。

 だが、70年代に入ると東映の任〓路線にも陰りが出始める。72年の「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」の撮影時に事件は起きた。「ある日、東映の東京撮影所で労使がぶつかって、(警視庁)石神井警察署が東映の組合幹部の逮捕状を取ったという報告が(プロデューサーの)俊藤(浩滋)さんの家にいる時に入った。逮捕なんかされたら、健さんも映画に出ないだろう。『なら、逮捕状の出た組合員たちを引き連れて明日にも北海道に…

この記事は有料記事です。

残り1516文字(全文1924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです