メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

浅田真央引退 真央、記憶の中に 輝きは金メダル(その2止)

<2002年>小学生とは思えない技術を見せていた浅田真央選手=名古屋市で、片山喜久哉撮影

「国民の心つかんだ」

 ファンたちからも、浅田選手をたたえる声が上がった。

 スケート歴2年の東京都台東区、会社員、佐藤舞さん(35)は「トリプルアクセルを貫き通した精神力と、表現力に魅了された。私がスケートを始めるきっかけになった選手。ありがとうと言いたい」と語った。

 都内にある「江戸川区スポーツランド」のスケートリンクに来ていた千葉県松戸市の小学3年、古性志継(ふるしょうゆきつぐ)さん(8)は「引退は残念。浅田選手のように上手に滑れるように練習を頑張りたい」。港区の会社員、吉田真奈美さん(34)は「大好きだったのでニュースを聞いた時はショックだったけど、これまでの頑張りに拍手を送りたい。ソチ五輪のフリーでの迫力ある演技は今でも鮮明に覚えています」と話した。

 スポーツ評論家の玉木正之氏は「多くの国民の心をつかんだ選手。平昌五輪に出ることが難しくなり、決心が…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです