メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小湊鉄道

100周年記念展 写真・絵画、寺の宝を公開 5会場で /千葉

満開のサクラと菜の花に囲まれた線路を走る小湊鉄道の「キハ200形ディーゼル気動車」

 小湊鉄道(本社・市原市五井中央東1、石川晋平社長)の創立100周年を記念した企画展が、同鉄道本社や市原湖畔美術館(市原市不入)など5会場で開催されている。

 同鉄道が設立されたのは1917年5月。現在は、五井駅(市原市)-上総中野駅(大多喜町)の39・1キロの路線で、里山の四季を楽しむトロッコ列車などに人気がある。

 企画展は、本社では、沿線の歴史や昔懐かしい機関車と社員の写真を見ることができ、湖畔美術館では絵本作…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです