メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花よりビール・造り手を訪ねて

厚木・サンクトガーレン 亡き父が93年に米で醸造免許 /神奈川

瓶に詰められて出荷を待つ桜餅風味の「サンクトガーレン さくら」=厚木市金田のサンクトガーレンで

香り華やぐ「エール」もっとおいしく

 1993年3月10日、米サンフランシスコの飲食店が、ビールの醸造免許を得た。経営者は日本人。数カ月後、米国の雑誌はこう伝えた。「岩本のビール造りの夢はかなった。ただしそれは日本ではなく、アメリカで」

 クラフトビールメーカー「サンクトガーレン」の岩本伸久社長(54)は、厚木市金田の事務所で当時の雑誌を前に振り返った。記事にある「岩本」とは、父光生さんのことだ。2005年に72歳で亡くなった光生さんは米国でも飲食店を展開、日本とはまったく違うビールと出合い、ほれ込んだ。「こんなおいしいものを知らなかったなんて、人生損していた」。岩本社長も「こんなビールを造りたいと思った」という。

 しかし、当時は地ビールブームにつながる94年の酒税法改正前。最低製造数量は現在の年60キロリットル…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1233文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです