メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金沢大

フィリピンの棚田支援継続 相互訪問で人材育成 /石川

フィリピン・ルソン島の山岳地帯に田が広がる世界農業遺産「イフガオの棚田」=金沢大提供

 金沢大などによるフィリピンの世界農業遺産「イフガオの棚田」の支援事業が、2020年まで継続されることが決まった。同大は能登半島で地域活性化を担う人材を育成しており、そのノウハウをイフガオに応用する支援事業に14年から取り組んできた。同大などは「相互訪問交流をさらに充実させ、学び合いを深めたい」と意気込んでいる。【久木田照子】

 11年以降、金沢大の中村浩二名誉教授(生態学)が同国研究者らの紹介で現地を訪問。若者の農業離れや都市への人口流出で後継者が減り、伝統文化の継承も難しい現状を知り、「能登半島と共通の課題がある」と感じた。そこで、県や国際協力機構(JICA)と連携し、同大の人材育成講座「能登里山里海マイスター」の経験をイフガオで生かす3カ年計画を立てた。県の提案で、JICAが同大に委託する枠組みを整え、14年に同国…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 台風で常磐線、久留里線、鹿島線が計画運休 成田線も見合わせの可能性

  4. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです