メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜のトンネル

くぐり抜け未来へ 観光客増、笠置町の挑戦 /京都

「桜のトンネル」をくぐる1両列車=京都府笠置町のJR関西線・笠置駅から東約100メートルで 桑田潔撮影

 9日朝、JR関西線の笠置駅を出発した1両列車が「桜のトンネル」をくぐった。

 笠置町の人口は府内で最も少ない1421人(4月1日現在)。少子高齢化、人口流出など重い課題を抱える町は観光客を呼び込む策に知恵を絞る。JR西日本から無償譲渡された笠置駅舎をリニューアル。駅そばの木津川河川敷にあるキャンプ場…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  3. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  4. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです