メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

亡き娘と初の三人展 黒田さん夫妻、遺作の染色作品加え きょうから中京で /京都

吉岡三紀さん作「BEAT the BEASTS」を囲む(右から)黒田暢さん、冨紀子さん、真里さん=京都市北区で、澤木政輝撮影

 染色家の黒田暢(とおる)さん(88)と、妻で洋画家の冨紀子さん(85)=京都市北区=が11~16日、同市中京区のギャラリーで作品展を開く。昨年、交通事故で三女の吉岡三紀さん(当時51歳)、家族提供=を失った二人は、悲しみを乗り越えようと一心不乱に制作に打ち込んできた。作品展は二人の最新作に、染色家として活動していた三紀さんの遺作を交え、初の三人展として開催する。【澤木政輝】

 暢さんは関西洋画壇の雄と呼ばれた黒田重太郎の次男として生まれ、日展審査員、京都嵯峨芸術大名誉教授を歴任。冨紀子さんは京都市立美大(現・芸大)で重太郎に師事し、二紀会委員を務める。冨紀子さんが卒業後、重太郎の研究室で助手をしていた時に出会い、結ばれた。3人の娘に恵まれ、長女・真里さん(57)は日本画家、次女・辻村千加さん(54)はキルト作家として活躍する。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです