メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の交通安全県民運動

「マナー守って」各地で呼び掛け /奈良

自分たちの似顔絵と標語が染められた「交通安全こいのぼり」を贈る保育園児ら=奈良県五條市で、栗栖健撮影

 6日に始まった「春の交通安全県民運動」。15日までの期間中、県警などは県内各地でさまざまなイベントなどを通じ、安全運転や事故防止、マナーの向上を呼び掛ける。

園児らこいのぼり寄贈 五條

 五條市では、市などが「春の交通安全運動市民のつどい」を市内の吉野川河川敷で開き、約110人が参加。市内の保育所の園児が「交通ルールを守ろう」との標語などが染められた「交通安全こいのぼり」を市に寄贈した。

 こいのぼりは長さ5メートル。市立南宇智保育所の園児24人の似顔絵も描かれている。早速、竹ざおに取り…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文827文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]