メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

断層に大地震跡 過去1万5000年、4~5回発生か 日奈久北部

 熊本地震を引き起こした日奈久(ひなぐ)断層帯北部の高野-白旗区間の地層調査で、過去約1万5000年の間に4~5回、大地震があったことを示す痕跡を産業技術総合研究所(茨城県つくば市)が見つけた。これまで1回の痕跡しか見つかっておらず、発生間隔が不明だった。南部の日奈久区間でも4~6回の大規模地震の痕跡が見つかり、両区間の地震が連動したと考えられるケースもあったという。

     同研究所の宮下由香里・活断層評価研究グループ長は「高野-白旗区間では、昨年の地震でもおそらく地層に記録は残らないだろう。今回の調査では確認できなかった地震がたくさん漏れているかもしれない」と話し、この地域ではこれまで考えられていたより高頻度で大規模地震が発生していた可能性があるとみている。

     熊本地震を受け、政府の地震調査研究推進本部(地震本部)が実施した重点観測の一環で明らかになった。

     高野-白旗区間では1200~1600年前に1回、大きな地震があったことが分かっていたが、調査で過去1万5000年の間に4~5回の大地震の痕跡が見つかり、3000~4000年に1回の頻度で大地震が起きたことが分かった。日奈久区間は、従来2万年前以降に3回と考えられていたが、4~6回の痕跡が見つかった。両区間の地震があった年代が重なると考えられるケースもあったという。【飯田和樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 法科大学院 立教大と桐蔭横浜大が募集停止を公表
    2. 千葉女児殺害 元保護者会長を起訴 DNA型一致で判断 
    3. 大阪府警 淀川署員の膝蹴り場面 動画がツイッターに
    4. 女子ゴルフ 宮里藍、今季限りで引退へ
    5. 千葉・我孫子の女児殺害 渋谷容疑者を送検

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]