メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「行きて帰る」の心=酒井佐忠

 橋本喜典氏の歌集『行きて帰る』(短歌研究社)が今年の迢空賞に決まった。戦後すぐ歌誌「まひる野」を創刊した窪田章一郎に師事、篠弘氏らとともに同誌を支えてきた。民衆詩としての短歌という考えに徹し、現実の中の自己の内面を深く見つめた。波乱の時代に病を抱えながら、戦中派の教師として生きた歌人ならではの、人生観照の深さに改めて心打たれる。

 <あこがれは行きて帰るの心なり谺(こだま)はかへる言霊もまた>。「発句(俳句)は行きて帰る心の味わ…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです