メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「行きて帰る」の心=酒井佐忠

 橋本喜典氏の歌集『行きて帰る』(短歌研究社)が今年の迢空賞に決まった。戦後すぐ歌誌「まひる野」を創刊した窪田章一郎に師事、篠弘氏らとともに同誌を支えてきた。民衆詩としての短歌という考えに徹し、現実の中の自己の内面を深く見つめた。波乱の時代に病を抱えながら、戦中派の教師として生きた歌人ならではの、人生観照の深さに改めて心打たれる。

 <あこがれは行きて帰るの心なり谺(こだま)はかへる言霊もまた>。「発句(俳句)は行きて帰る心の味わ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  4. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです