メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

浅田引退 銀盤、みせた不死鳥 ソチ五輪、迫真フリー

 2010年バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケート女子で銀メダルを獲得するなど、数々の輝しい実績を残した浅田真央選手(26)。中でも、6位に終わったものの、自身2度目の出場となった14年ソチ冬季五輪で見せた迫真の追い上げは、日本のみならず世界中のファンを魅了した。

 いまだ至らぬ表彰台の頂を夢見て、再び上がった五輪の銀盤。だが、ショートプログラム(SP)では、得意にしているトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒するなど精彩を欠き、16位と大きくつまずいた。「自分の体がうまく動かなかった」。浅田選手の再挑戦は道半ばで終わったとさえ思われた。

 だが浅田選手は翌日のフリーで立ち直った。出場選手で唯一、3回転ジャンプを8回跳び、フリーでは3位と…

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです