南スーダン

政府軍虐殺か、住民16人死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン小泉大士】内戦状態が続く南スーダン北西部のワウで10日、地元住民が襲撃され、少なくとも16人が死亡した。AP通信などは住民の証言として、政府軍が民兵集団と民家を一軒ずつ捜索、出身民族を理由に銃撃したり、家を焼き払ったりしたと伝えた。

 9日に反政府勢力の待ち伏せ攻撃で政府軍兵士が死亡した…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

ニュース特集