メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こにゃん市

分裂危機? 「犬は不利」こわん市復活の声 

こにゃん市長選をPRする湖南市観光協会のキャラクター「こにゃん」(同協会提供)

 滋賀県湖南市の観光振興や動物愛護を目的にした「第7代こにゃん市長」選挙がこのほど始まり、22日まで投票を受け付けている。こにゃん市は猫と犬による仮想都市で、2012年に犬が市長を務める「こわん市」を吸収合併した。年に1度行われる市長選では14年から3年連続で猫が当選。愛犬家からは「こわん市」復活を求める声が上がっており、選挙結果次第では再分裂の可能性もあるという。

 今回の市長選に立候補したのは、第6代市長の猫「ジュリアーノ」など犬と猫各4匹の計8匹。「こにゃん市…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです