対談・人工知能

(1)囲碁・将棋界に激震 ソフトの強さは“神の領域”まで近づいたのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「DeepZenGo(Zen)」と対局する本因坊文裕(井山裕太九段、右)。左端は開発者の加藤英樹さん=大阪市北区で2017年3月23日、森園道子撮影
「DeepZenGo(Zen)」と対局する本因坊文裕(井山裕太九段、右)。左端は開発者の加藤英樹さん=大阪市北区で2017年3月23日、森園道子撮影

AI研究者の松原仁氏 × 金沢盛栄編集委員

 人工知能(AI)の研究開発の飛躍的な進展で、囲碁・将棋界でも激震が続いている。今春、囲碁トップ棋士である井山文裕本因坊(6冠=本因坊・棋聖・王座・天元・碁聖・十段)がコンピューターソフトに完敗し、将棋界最高峰の歴史と伝統の重みを知る佐藤天彦名人もソフトの前に屈した。「人間とソフトの真剣勝負は、歴史的な役割を終えた」(主催者・ドワンゴの川上量生<のぶお>会長)として、将棋プロ棋士とソフトが対局する電王戦も今年が最後となる。とどまることを知らないソフトの強さは“神の領域”まで近づいたのか--。日本を代表するAI研究者の松原仁・公立はこだて未来大副理事長と、囲碁元世界アマ日本代表で本紙観戦記担当の金沢盛栄・学芸部編集委員(元学生本因坊、アマ七段)が対談し、ソフトの現状や棋界の将来などを存分に語り合った。【構成・中澤雄大/統合デジタル取材センター、最上聡】

この記事は有料記事です。

残り5302文字(全文5704文字)

あわせて読みたい

注目の特集