メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災・原発いじめ13件…福島避難者計199件

福島県から避難している児童生徒へのいじめ

 東京電力福島第1原発事故で福島県から県内外に避難した児童・生徒に対するいじめが今年3月までに199件あったことが文部科学省の調査でわかった。11日の閣議後記者会見で松野博一文科相が発表した。同省は、うち13件を東日本大震災や原発事故に関連するいじめと認定した。

 調査は昨年12月、福島県から県内外に避難している小中高生ら約1万2000人を対象に実施。2016年度の状況と、15年度以前に在籍した学校での状況をそれぞれ聞き取った。その結果、今年3月までに計199件のいじめが判明。同省は、このうち公立小3件、公立中9件、私立高1件の計13件について震災や原発事故に関連するいじめだったとしている。13件のうち4件は16年度、9件は15年度以前のケースだった。いじめを受けた児童・生徒は現在、平常通り学校生活を送っているという。

 また、このほかに事実関係を確認中のいじめが5件あるという。

 公表された事例の中には、「福島へ帰れ」と言われた児童が転校したケースや、「放射能が付くから近づくな」と言われた例などがある。小学校時代に「放射能」とあだ名をつけられた中学生もいた。松野文科相は「背景には避難者のつらい思いへの理解不足がある」と述べた。

 昨年11月、福島県から横浜市に避難した当時中学1年の男子生徒が「ばい菌」と呼ばれ、金銭を要求されるなどしたいじめが発覚。同様のいじめが全国で相次いで判明したため、文科省が調査していた。【伊澤拓也】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相 北朝鮮との「断交」要求 米講演で各国に
  2. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)
  3. 世界の雑記帳 「世界一強烈な」コーヒーにボツリヌス菌混入の恐れ、米で製品回収
  4. 元SMAP 3人の新ファンサイト「感謝の気持ち優先」
  5. 北朝鮮 正恩氏「超強硬対応」 太平洋で水爆実験を示唆

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]