文科省

震災・原発いじめ13件…福島避難者計199件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県から避難している児童生徒へのいじめ
福島県から避難している児童生徒へのいじめ

 東京電力福島第1原発事故で福島県から県内外に避難した児童・生徒に対するいじめが今年3月までに199件あったことが文部科学省の調査でわかった。11日の閣議後記者会見で松野博一文科相が発表した。同省は、うち13件を東日本大震災や原発事故に関連するいじめと認定した。

 調査は昨年12月、福島県から県内外に避難している小中高生ら約1万2000人を対象に実施。2016年度の状況と、15年度以前に在籍した学校での状況をそれぞれ聞き取った。その結果、今年3月までに計199件のいじめが判明。同省は、このう…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

あわせて読みたい

注目の特集