メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポテチ

ジャガイモ不足…カルビーと湖池屋が一部販売休止

北海道産

 大手菓子メーカーのカルビーと湖池屋が相次いで一部のポテトチップスの販売を休止している。昨年夏の北海道の台風被害で北海道産のジャガイモが不足し、原料の確保が難しくなったことが影響している。

 カルビーは、15日出荷分を最後に、地域限定商品の「ポテトチップス 博多めんたいこ味」など18商品の販売を終了するほか、22日出荷分以降は「ピザポテト」など15商品の販売を一時休止する。

 北海道産ジャガイモの不足を受け、例年より米国産の輸入量を増やしたが、「品質が不十分なものが多く、賄いきれなくなった」(同社広報)と言う。休止商品は、ジャガイモの生産量が回復し次第、販売を再開する。

 また、湖池屋は3月25日出荷分を最後に「ポテトチップス リッチコンソメ」など7商品の販売を終了、9商品の販売を休止した。同社は北海道産の使用が生産量の7~8割を占めるという。

 5月には九州でジャガイモの収穫が始まることを受け、両社とも必要な原料確保を目指すが、販売休止分をいつごろ賄えるようになるかは不明という。【今村茜】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  2. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  3. アメフット 日大選手「被害とご迷惑をおかけし謝罪」
  4. アメフット 悪質タックル、日大選手の会見始まる
  5. アメフット 専門家に聞く 日大悪質タックル立件の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]