海北友松展

11日に開幕 京都国立博物館で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 桃山時代を代表する絵師の一人、海北友松(かいほう・ゆうしょう=1533~1615年)を紹介する特別展覧会「海北友松」(毎日新聞社など主催)の開会式が10日、京都国立博物館(京都市東山区)であった。11日に開幕し、5月21日まで。

 佐々木丞平館長、渡会文化・毎日新聞社専務取締役大阪本社代表のほか、同館の文化大使を務める女優…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

ニュース特集