メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

理事予備選に森内九段ら7人が立候補

森内俊之九段

 任期満了に伴う日本将棋連盟の役員(理事)予備選挙が10日告示され、十八世名人の資格を持ち今月からフリークラスへ転出した森内俊之九段や、清水市代女流六段ら7人が立候補の届け出を行った。女性の立候補は初めて。11日まで受け付け、27日に投票され、5月29日の通常棋士総会で正式に選任される。

 昨年10月からの将棋ソフト不正使用疑惑問題やそれに対する理事会の対応を…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです