メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

理事予備選に森内九段ら7人が立候補

森内俊之九段

清水市代女流六段も 女性の立候補は初

 任期満了に伴う日本将棋連盟の役員(理事)予備選挙が10日告示され、十八世名人の資格を持ち今月からフリークラスへ転出した森内俊之九段や、清水市代女流六段ら7人が立候補の届け出を行った。女性の立候補は初めて。11日まで受け付け、27日に投票され、5月29日の通常棋士総会で正式に選任される。

 昨年10月からの将棋ソフト不正使用疑惑問題やそれに対する理事会の対応を巡り、谷川浩司会長(当時)ら…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです