豊洲市場

浜渦氏「何もしていない」偽証疑惑を否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
都議会豊洲百条委証人喚問で「偽証の疑いが濃厚」と指摘され、反論の会見をする浜渦武生・元副知事=東京都庁で
2017年4月10日午後2時41分、根岸基弘撮影
都議会豊洲百条委証人喚問で「偽証の疑いが濃厚」と指摘され、反論の会見をする浜渦武生・元副知事=東京都庁で 2017年4月10日午後2時41分、根岸基弘撮影

都庁で会見 改めて「01年7月の基本合意が最後」

 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題に関する都議会調査特別委員会(百条委員会)で偽証した疑いを持たれている浜渦(はまうず)武生元副知事が10日、都庁で記者会見し、「(地権者だった東京ガスと2001年7月に交わした)基本合意の後は何もしていない」と疑惑を否定した。

 浜渦氏は3月19日の百条委の証人喚問で「用地取得交渉に関わったのは基本合意までで、後は知事本局に引き継いだ」と述べた。一方、部下だった前川燿男(あきお)元知事本局長=現練馬区長=は「基本合意後も最高責任者は浜渦さんで、一貫して市場を所管していた」と証言、都の3人の部長が03年に浜渦氏に汚染対策を報告したことなどを示唆する文書も東ガスから提出された。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1141文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集