フィギュア

あえて挑戦選び続けた浅田真央 引退表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーで浅田真央が決めたトリプルアクセルの連続合成写真(左から右へ)=ロシア・ソチのアイスベルク・パレスで2014年2月20日、山本晋撮影
ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーで浅田真央が決めたトリプルアクセルの連続合成写真(左から右へ)=ロシア・ソチのアイスベルク・パレスで2014年2月20日、山本晋撮影

 日本が誇るフィギュアスケーターが現役に別れを告げた。フィギュアスケート女子の浅田真央選手(26)が10日、自身のブログで現役を引退することを明らかにした。

 自身の代名詞・トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にこだわり続けた。五輪に2度出場し、銀メダルを獲得した2010年バンクーバー大会、14年ソチ大会でも跳び続けた。大技をなかなか決められなかった時も、難易度を下げて安全策をとれば高得点は望めたが、あえて挑戦を選び、何度も壁にぶつかり、そして乗り越えてきた。

 ソチ五輪後の翌シーズンは1年休養し、15年に復帰。復帰戦となる同10月のジャパンオープンで上々のスタートを切ったかにみえたが、その後はジャンプに苦しむことになる。舞台裏で思った演技ができずに涙ぐむ浅田を見て、心を痛める選手もいた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文701文字)

あわせて読みたい

ニュース特集