メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/宮城

東北の春 電気機関車 ED75 「力持ち」も老朽化 特急けん引、東北に一時代 /宮城

「工臨」出発前のED75=仙台市宮城野区のJR東北線岩切駅で

 ED75(愛称ナナゴ)。かつて東北と東京・上野を結ぶ夜行寝台特急(ブルートレイン)の客車や貨物をけん引した電気機関車として活躍し、東北地方の鉄路の一時代を築いた。全盛期には、全国で300両を超える車両があったが、現在は仙台と秋田に5両を残すのみ。ED75をこよなく愛する人々の思いを聞いた。【山田研】

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです