メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/宮城

東北の春 電気機関車 ED75 「力持ち」も老朽化 特急けん引、東北に一時代 /宮城

「工臨」出発前のED75=仙台市宮城野区のJR東北線岩切駅で

 ED75(愛称ナナゴ)。かつて東北と東京・上野を結ぶ夜行寝台特急(ブルートレイン)の客車や貨物をけん引した電気機関車として活躍し、東北地方の鉄路の一時代を築いた。全盛期には、全国で300両を超える車両があったが、現在は仙台と秋田に5両を残すのみ。ED75をこよなく愛する人々の思いを聞いた。【山田研】

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1395文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです