メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花よりビール・造り手を訪ねて

湘南ビール(茅ケ崎)/さがみビール(厚木) 年間通じ技と設備活用 /神奈川

「湘南ビール」の発酵タンクを前にビールの製造工程を説明する醸造責任者の筒井貴史さん=茅ケ崎市香川の熊澤酒造で

伝統守る日本酒蔵元

 県内に20カ所以上あるビールや発泡酒の醸造所。そのうちの2カ所は日本酒の蔵元だ。蔵元がなぜビール造りを始めたのか。その背景には、伝統ある蔵を存続させるための経営戦略がある。

 湘南に残された最後の蔵元として知られる茅ケ崎市香川の「熊澤酒造」が「湘南ビール」の醸造を始めたのは1996年、大手を除く小規模醸造所としては県内で最初にビールの醸造免許を取得した。日本酒は外気が冷たい冬に醸造し、その技術や設備を年間を通じて生かすため、夏には焼酎を造るのが一般的だった。そこに94年の酒税法改正でビール造りの規制が緩和され、培った醸造技術を生かして小規模ながらも個性的なクラフトビールを造る蔵が出始めた。

 1872年創業の熊澤酒造もその一つだ。6代目蔵元の熊澤茂吉(本名・信也)社長(48)は「湘南で唯一…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです