メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/95 池島信平 合理主義的な編集者 /島根

 大学4年の夏を過ぎてから、私は出版社への就職を考えるようになった。高校生のころから手にしていた文藝誌「文學界」が文藝春秋発行であり、その会社の役員である池島信平さんが著した「雑誌記者」を読んでいたこともあり、恩師の暉峻(てるおか)康隆さんに池島さん宛の紹介状を書いていただいた。

 会ったとき、鋭い目に人を見抜く眼光を感じたが、さっぱりした対応は心地よかった。

 「暉峻さんから伺っている。試験を受けられるようにするから履歴書を受付に届けなさい」

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです