メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦B級1組順位戦 飯島栄治七段-郷田真隆王将 第2譜

重苦しい進行

 飯島が棒銀で2筋に圧力をかけ、[後]3三銀を強要してから[先]7八金と立て直したのがうまい指し回しだった。凝り形が急にスッキリしたのだ。郷田は「金を引かれる発想がなかった。困った」と感心した。次の[後]8六歩に郷田は1時間1分を記録し、序盤で早くも3時間以上を消費した。

 棒銀が見事にさばけ、飯島のペース。対照的に郷田の右銀は7四の地点で立ち往生した。[後]3三桂は作戦負けを自覚し、ひねった指し方。この手で[後]8六歩の垂らしは[先]7五歩[後]6五銀[先]7七桂[後]7六銀[先]5六角でやはり先手が指しやすい。

 郷田が[後]2三金と構えた局面で夕食休憩。この日は本局のほか、昇級がかかった山崎八段-阿久津八段戦…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文868文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです