メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴマフアザラシ

赤ちゃんが誕生 男鹿水族館GAO

ゴマフアザラシの赤ちゃん(右)=秋田県男鹿水族館提供

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)で10日、妊娠していたゴマフアザラシの「みずき」(9歳)が出産した。赤ちゃんアザラシはメスで、体重は約11キロ、体長は約78センチ。同水族館によると、健康状態は母子ともに落ち着いているという。

 生後1カ月間は「みずき」の母乳で育てられ、その後餌付けの練習を始める。名前は今後公募する予定。

 同水族館では、他に「マリー」(推定23歳)と「こまち」(8歳)の出産も控えている。

 2頭は今月中に出産するとみられ、同時期に3頭のゴマフアザラシが生まれるのは同水族館では初という。担当者は「順調に育つよう、見守っていきたい」と話している。【森口沙織】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
  5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]