メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー26年W杯

米が立候補…カナダ、メキシコと共催

 【ワシントン高本耕太】米サッカー協会は10日、2026年ワールドカップ(W杯)の開催地にカナダ、メキシコと共催で立候補すると発表した。トランプ米大統領によるメキシコ国境の壁建設計画や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉などで、3カ国の政治的緊張は高まっているが、ニューヨークで記者会見したグラティ会長は「共催案を大統領に具体的に説明した。共催を全面的に歓迎し、メキシコとの共催を特に喜んでいた」と述べた。

 開催計画案では、米国内で60試合、カナダとメキシコで各10試合を行う。準々決勝以降は米国内開催の方…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです