メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の国産空母、23日進水へ 習氏、軍内足場固めに

 【北京・浦松丈二】中国遼寧省大連で建造中の中国初の国産空母が23日、進水する見通しになった。中国国内の電子メディアが一斉に報じた。中国海軍にとって、国産空母保有は1980年代後半の計画策定以来の「悲願」。順調に進水すれば、今秋の中国共産党大会で2期目に入る習近平総書記(中央軍事委員会主席)にとって、軍内の足場固めにつながりそうだ。

 23日は中国海軍の創設記念日。中国はウクライナから購入した中古空母を改装した「遼寧」を2012年に就役させ、昨年12月に初めて西太平洋で訓練を実施した。中国は将来的に4隻以上の空母保有を目指しているとされる。

 報道によると、国産空母は排水量約6万7000トンの遼寧を基に設計された5万トン級の通常動力型。20年ごろに就役する。構造が改良され、遼寧より12機多い36機の艦載機を運用できるとの分析もある。

 中国国防省の呉謙報道官は先月30日の定例記者会見で、国産空母について「(船体完成後に装備を整える)艤装(ぎそう)が非常に順調に進展している。次のよい情報まで、長く待たせることはないだろう」と述べていた。

 党機関紙・人民日報のニュースサイトによると、軍事専門家の尹卓・中国海軍少将は「(空母の)写真から判断して、空母のアイランド型艦橋は基本的に完成し、船底の動力システムの設置も終わっている」と解説している。

 中国の国産空母については、劉華清・元中央軍事委副主席が自伝で、87年に原子力潜水艦とともに海軍の2本柱に位置づけられたと明かした。劉氏は「(国産空母は)米ソと競争するためではない。対台湾闘争や、南沙諸島の紛争解決、海洋権益を守る任務のためだ」と記している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モデル 知花くららさんが結婚 俳優の上山竜治さんと
  2. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
  3. 空の境界線 富山の空を二分
  4. もみじロード バイク事故増加 動画撮影で危険な走行も
  5. 中国 陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]