メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏大統領選

「EU離脱で国民投票、公約に」ルペン党首

 第1回投票が今月23日に行われるフランス大統領選で、決選投票進出が確実視される極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)が、毎日新聞の書面インタビューに応じた。フランスの「主権回復」を掲げるルペン氏は、最重要公約として、欧州連合(EU)離脱を問う国民投票の実施を挙げた。提案しているEUとフランスの関係を見直す交渉については、「フランスが去ればEUは生き残れない」と述べ、譲歩を求めた。

 ルペン氏は、EUは加盟国間に不均衡をもたらしている「非民主的な組織」だと批判。大統領に当選すれば、…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2108文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです