メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長男に無期懲役 高松高裁「動機身勝手」

 香川県土庄町(小豆島)で2015年4月、水道工事会社経営の両親を殺害したとして、殺人罪に問われた長男で無職の喜田勝義被告(39)=同町=の控訴審判決が11日、高松高裁であり、求刑通り無期懲役とした1審・高松地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。半田靖史裁判長は「動機は自己中心的で身勝手。量刑を軽減すべき要素はない」と述べた。

     喜田被告の広汎(こうはん)性発達障害を巡り、弁護側は控訴審で「1審判決は障害が過小評価されている」として減軽を求めたが、半田裁判長は「犯行が発覚しないよう行動している」などと退けた。

     判決によると、喜田被告は妹とのトラブルを相談した会社社長の父春夫さん(当時65歳)と母加代子さん(同63歳)に「妹と縁を切れ」と言われた恨みなどから、15年4月30日未明、自宅で寝ていた2人の頭をハンマーで殴るなどして殺害した。【岩崎邦宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 横行 摘発、昨年は7625件 遭遇したら警察に通報、車内待機
    2. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
    3. 要望書 「別府の七不思議」 最重要交差点に横断歩道を
    4. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
    5. えらぼーと解析 自民は支持者との一致度68%に 初公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]