本屋大賞

恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」 直木賞とダブル受賞

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「蜜蜂と遠雷」が本屋大賞に選ばれ、笑顔を見せる恩田陸さん=東京都港区で2017年4月11日午後7時32分、佐々木順一撮影
「蜜蜂と遠雷」が本屋大賞に選ばれ、笑顔を見せる恩田陸さん=東京都港区で2017年4月11日午後7時32分、佐々木順一撮影

 2017年本屋大賞(同賞実行委員会主催)に恩田陸さんの長編小説「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が決まったと11日、発表された。すでに恩田さんは同作で、今年1月に発表された直木賞を受賞。さらに本屋大賞は第2回、05年の「夜のピクニック」に次ぐ2度目となり、二重のダブル受賞というかつてない結果となった。同賞は04年、直木賞に対するアンチテーゼとしてスタートしただけに、エポックメーキングな受賞といえる。

 第6回翻訳小説部門1位にはトーン・テレヘンさん著、長山さきさん訳「ハリネズミの願い」(新潮社)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1099文字)

あわせて読みたい

ニュース特集