メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

役員予備選挙 10人が立候補届け出

 日本将棋連盟の役員(理事)予備選挙への立候補の届け出が11日締め切られ、前日の7人に続き、3人が名乗りを上げた。投票は27日。当選すれば内定となり、5月29日の通常棋士総会で正式に選任される。

     立候補者は次の通り(届け出順)。東京(定員5)森内俊之九段、森下卓九段、清水市代女流六段、田中寅彦九段、鈴木大介九段、瀬川晶司五段、佐藤康光九段(現会長)▽関西(同2)小林健二九段、脇謙二八段、井上慶太九段(現常務理事)。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    2. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
    3. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    4. 朝鮮学校無償化 「母校が認められた」全面勝訴に大歓声
    5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]