避難いじめ199件

文科省調査に被害者「氷山の一角」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文部科学省は11日、東京電力福島第1原発事故で福島県から避難した児童・生徒に対するいじめが今年3月までに199件あり、このうち東日本大震災や原発事故に関連するいじめは13件だったと発表した。しかし、子どもが打ち明けないケースもあり、いじめに遭った子どもの保護者からは「数字は氷山の一角」などの声が上がっている。

 調査は昨年12月、福島県から県内外に避難している小中高生ら約1万2000人を対象に聞き取りで実施した。「福島へ帰れ」と言われて転校したり、「放射能がうつるからこないで」と言われたりするなど、震災や原発事故に関連する13件の内訳は、公立小3件、公立中9件、私立高1件。このうち9件は15年度以前だった。このほか、事実関係を確認中のいじめが5件、既に卒業していじめられた当事者に聞き取りできなかったのが…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文914文字)

あわせて読みたい

注目の特集