メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「あり得る」ルペン仏大統領 「自由・平等・博愛」どこへ ノスタルジーと排他性、日本に通底

 フランスといえば「自由、平等、博愛」の国。かつては文学から思想まで、人々の憧れの地だった。そんな国で「極右」「ポピュリスト」と呼ばれる女性政治家マリーヌ・ルペン氏(48)が、23日の大統領選の第1回投票で首位に立ちそうな勢いだ。弁の立つ右翼の台頭は何を意味するのか。国民が彼女を押し上げる現代版「フランス精神」とは?【藤原章生】

 第1回投票では2割台後半の得票で首位に立つが、親欧州連合(EU)の独立系候補、マクロン前経済相との…

この記事は有料記事です。

残り2537文字(全文2752文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです