メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送作家たむらようこの窓辺から

夜の酒場で悩み苦しむ新社会人

 テレビは社会の窓である。今回は2人の新人が歩んだ二つの道のお話……。

 新入社員が入ってくるこの季節。新人時代の苦い思い出がよみがえり、私はちょっぴり胸が苦しくなります。

 企画が通らない。新人だった頃の私を悩ませたのは会議でプレゼンをしてもプレゼンをしても、企画が通らない問題でした。30人ほどの会議で順番にプレゼンが回ってくるのですが、先輩放送作家たちのプレゼンは盛り上がり、企画が採択されていきます。一方、私のプレゼンになると、突然お葬式のように静まり返るのです。それどころか、回を重ねるごとに会議室を出て行ってしまう人が増え、私のプレゼン時間は「休憩」さながらでした。先輩とほぼ同じ企画を出していることだってあるのに、この差は一体、何なのか。私は毎週、悩…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです