メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンパンジー

自立3歳 京都の地球研、松本さん発表 ヒト進化解明一助に /京都

 野生のチンパンジーは、3歳以上で母乳に頼らず自力で食べるようになるとする研究結果を、総合地球環境学研究所(京都市)の松本卓也研究員(霊長類学)が発表した。これまでは、母親が次の子を妊娠したり、乳をくわえるのをやめる時期から4~5歳で離乳すると考えられてきた。チンパンジーの赤ちゃんの食生活の変化が、人類の進化にどのような影響を与えたかを解明する手がかりになるという。【宮川佐知子】

 松本研究員は2011~15年にかけて、タンザニアのマハレ山塊国立公園で生後1カ月~5歳の計18頭を調査。日中の行動を観察し、食事に費やす時間や食べ物の種類、母親の乳をくわえているかどうかなどを調べた。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです