メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンパンジー

自立3歳 京都の地球研、松本さん発表 ヒト進化解明一助に /京都

 野生のチンパンジーは、3歳以上で母乳に頼らず自力で食べるようになるとする研究結果を、総合地球環境学研究所(京都市)の松本卓也研究員(霊長類学)が発表した。これまでは、母親が次の子を妊娠したり、乳をくわえるのをやめる時期から4~5歳で離乳すると考えられてきた。チンパンジーの赤ちゃんの食生活の変化が、人類の進化にどのような影響を与えたかを解明する手がかりになるという。【宮川佐知子】

 松本研究員は2011~15年にかけて、タンザニアのマハレ山塊国立公園で生後1カ月~5歳の計18頭を…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです