メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お好み焼き

極意は? オタフク新入社員20人が研修 西区 /広島

生地の返し方を練習する新入社員=広島市西区商工センター7の「WoodEggお好み焼館」で、信永真知子撮影

 「カンカンカン、ジュワー」。ヘラが鉄板を打ち、そばを焼く音が響く。オタフクホールディングス(西区)の新入社員約20人がこのほど、西区商工センター7の「Wood Egg(ウッド・エッグ)お好み焼館」でおいしいお好み焼きの焼き方を学んだ。

 同社お好み焼課の春名陽介さん(36)が講師となり、キャベツの切り方から生地の引き方、鉄板の温度調…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 厚労相「3800件は最大限可能な数字」 

  3. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  4. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです