メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「パワハラ」では軽い=安冨歩・東京大東洋文化研究所教授

 毎日新聞の3月31日のデジタル版に「パワハラ 殴る蹴る、暴言2時間…自殺 ヤマト運輸提訴」という記事が出た。「訴えでは、ドライバーなどを務めていた男性が2012年秋以降、上司のセンター長から『死ね』などの暴言や、殴るなどの暴行といったパワハラを頻繁に受けてうつ病を発症し、15年1月に自殺した、としている」とある。

 私が気になるのは「パワハラ」という言葉の使い方である。「ハラスメント」とは「嫌がらせ」という意味である。上司と部下といった力関係(パワー)を背景に嫌がらせをするのが「パワハラ」なのだが、「『死ね』などの暴言や、殴るなどの暴行」は「嫌がらせ」で済む話なのだろうか。これらは個々に犯罪行為であるばかりか、しかもそれを2年以上にわたって繰り返し、自殺に追い込んだというのである。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです