メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦B級1組順位戦 飯島栄治七段-郷田真隆王将 第3譜

イヤな予感

 飯島は[先]1七桂と活用した。次に[先]2五歩と合わせ、[後]同歩[先]同桂[後]同桂[先]同飛で十字飛車が決まれば先手優勢だ。郷田は長考に沈んだ。

 控室では数人の棋士が検討していた。昇級をかけた山崎八段-阿久津八段戦、残留をかけた本局が注目を集めた。業界人もファン同様、昇級と降級は気になるのだ。それにしても王将(対局時)の郷田が、今期も降級の一番を指すとは思わなかった。本紙記者からこんな話を聞いた。

 「リーグ表が出来上がったとき、飯島さんがそれを見て『最終戦の郷田さんとの将棋はイヤな予感がする』と…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文748文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです