メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

上田誠さん=第61回岸田國士戯曲賞を受賞

岸田戯曲賞を受賞した京都の劇団「ヨーロッパ企画」の劇作家、上田誠さん=大阪市北区で2017年3月7日、貝塚太一撮影

上田誠(うえだ・まこと)さん(37)

 「選考の俎上(そじょう)に載せられることはないと思っていました」。劇作家の登竜門にして、伝統ある戯曲賞の受賞の知らせに驚いたという。「コメディー作品でいただけたことが本当にうれしい」

 受賞作「来てけつかるべき新世界」では、人間くさい繁華街・新世界(大阪市浪速区)で暮らす人々が先端的なテクノロジーと出合う。ロボットアームが串カツを揚げ、ドローンが出前し、AI(人工知能)搭載の炊飯器が将棋や漫才をする。「電気系統と人間が絡むという企画性に、大阪の人情喜劇を加えました」

 もともと「ゲームを作る人になりたかった」という理科系男子。「見たことのない面白さ」を目指し、SFシ…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです