メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
科学の森

熊本地震発生、あす1年 次の大地震、懸念なお

 大きな被害を出した熊本地震から14日で1年。2回起きた震度7の地震はどのように発生したのか。小規模も含めて余震が多発したが、震源に近い断層でまだ本格的に活動していない地域もあり、次の大地震を懸念する専門家もいる。【飯田和樹】

 ●余震が多発

 熊本地震は、昨年4月14日に発生したマグニチュード(M)6・5の前震、同16日にあったM7・3の本震の両方で、震度7を記録したことで注目された。観測したのは熊本市の東の熊本県益城(ましき)町だ。前震と本震それぞれを起こした2本の断層帯が地下で交わるうえ、軟弱な地盤だったことが影響したとみられている。

 小規模なものも含めて地震が多発したことも特徴だ。気象庁によると、揺れを感じない小さな地震も含めると…

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです