連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

熊本地震発生、あす1年 次の大地震、懸念なお

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大きな被害を出した熊本地震から14日で1年。2回起きた震度7の地震はどのように発生したのか。小規模も含めて余震が多発したが、震源に近い断層でまだ本格的に活動していない地域もあり、次の大地震を懸念する専門家もいる。【飯田和樹】

 ●余震が多発

 熊本地震は、昨年4月14日に発生したマグニチュード(M)6・5の前震、同16日にあったM7・3の本震の両方で、震度7を記録したことで注目された。観測したのは熊本市の東の熊本県益城(ましき)町だ。前震と本震それぞれを起こした2本の断層帯が地下で交わるうえ、軟弱な地盤だったことが影響したとみられている。

 小規模なものも含めて地震が多発したことも特徴だ。気象庁によると、揺れを感じない小さな地震も含めると、九州全体で1年間に13万回も発生。大部分が熊本地震の余震だ。M3・5以上に限っても339回も起きた。最大震度7を記録した他の内陸型地震の発生後1年間を見ると、2004年の新潟県中越地震(M6・8)は200回台半ば、1995年の阪神大震災(M7・3)は100回を少し上回る程度で、熊本地震での多さが際…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1682文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集