メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま私は@熊本

熊本地震 あす発生から1年 「大切な人」に伝えたい言葉

支えてくれた、あなた

 熊本地震から14日で1年。いまだ復興途上の被災地で暮らす人たちは、愛する家族や友達、世話になった恩人らへの思いを心の支えに日々を送っている。

 被災者6人に、そんな「大切な人」に伝えたい言葉を聞いた。

お世話になりました 益城(ましき)町、パート、宮崎律子さん(65)

 ボランティアの宮本清香さん(36)には1年を通じてお世話になりました。発生直後は町総合体育館で水を一緒に運んでくれたり、必要なものを用意してくれたり。熊本市東区で自身も被災し、なおかつ妊娠中で大きなおなかを抱えていながら動いてくれて。私が今住んでいる馬水東道仮設住宅に入ったときも、毛布や枕などを持ってきてくれました。本当に頭が下がります。全国の皆さんもありがとう。

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです