メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民受け入れ「カナダに倣って」米に苦言

 ノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさん(19)が12日、カナダの首都オタワの連邦議会で演説し「世界で最も無防備な子どもたちに向け、カナダは扉と心を開き続けてほしい」と述べ、紛争地からの難民受け入れに積極的なカナダ政府の姿勢を高く評価した。AP通信などが伝えた。

 マララさんは「隣国もカナダの例に倣ってほしい」と強調。イスラム諸国の一部から入国を制限するトランプ米政権の姿勢に苦言を呈したと受け止められている。

 マララさんはトルドー首相からカナダ名誉市民の称号を授与された。(共同)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
  2. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金
  3. 不正アクセス禁止法違反 高畑充希さんの写真をのぞき見 容疑者を書類送検
  4. アキラ100% 椎名桔平の付き人だった 2カ月で“逃亡”を告白
  5. 眞子さま 乗用車が自損事故、けがなし 宮内庁職員運転

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]