メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土産物

デザインで「脱ダサいたま」ワークショップで議論

県内のお土産を手にしながら、話し合いの結果を発表するワークショップの参加者ら=さいたま市で木村健二撮影

埼玉デザイン協議会 「らしく」工夫、企業に提案へ

 公益社団法人「埼玉デザイン協議会」(SADECO、川口市)などは、デザインの力で埼玉を活性化するプロジェクト「さいたま・つく~る」を始めた。観光資源や名産品が乏しいとも評される埼玉県。デザインの工夫で埼玉県内の土産物の人気を高める手法などについて議論し、企業に提案する。

 「埼玉らしいデザインとは!? 県内おみやげ事情から考える、脱ダサいたま」。さいたま市浦和区で3月24日、こんなテーマで同プロジェクト初のワークショップが開かれた。会員制交流サイト(SNS)の「フェイスブック」などで募集に応じた29人が参加。魅力的な埼玉土産の開発に取り組む「埼玉みやげラボ」の斉藤哲也代表(44)をゲストに招き、参加者は伊勢丹浦和店の県産品コーナーなどを視察した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです