メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土産物

デザインで「脱ダサいたま」ワークショップで議論

県内のお土産を手にしながら、話し合いの結果を発表するワークショップの参加者ら=さいたま市で木村健二撮影

埼玉デザイン協議会 「らしく」工夫、企業に提案へ

 公益社団法人「埼玉デザイン協議会」(SADECO、川口市)などは、デザインの力で埼玉を活性化するプロジェクト「さいたま・つく~る」を始めた。観光資源や名産品が乏しいとも評される埼玉県。デザインの工夫で埼玉県内の土産物の人気を高める手法などについて議論し、企業に提案する。

 「埼玉らしいデザインとは!? 県内おみやげ事情から考える、脱ダサいたま」。さいたま市浦和区で3月2…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです