メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共謀罪審議入り

作家、漫画家ら反対訴え集会

「共謀罪」法案への懸念を語った浅田次郎さん(左から4人目)、ちばてつやさん(同5人目)、中島京子さん(同6人目)ら=東京都文京区で2017年4月7日

 組織犯罪を計画段階で処罰できるようにする「共謀罪」の要件を改めた「テロ等準備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案が衆院で審議入りした。政府は一般人は対象にならないと強調するが、各方面から乱用を懸念する声が上がっている。作家の浅田次郎さんや漫画家のちばてつやさんら表現・出版にかかわる著名人らが東京都内で集会を開き、「内心の自由を侵害する」と訴えた。

 7日、約300人を集めた集会は、言論人らでつくる「日本ペンクラブ」が主催して、表現に関わる人たちに参加を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです